デジタル

iPhone 13 予約開始!さっそく iPhone 13 Pro 256 GB グラファイト と iPhone 13 128 GB ピンク を予約!

自分的 iPhone の歴史

アメリカにいた2007年に初代 iPhone が発表され、いわゆる2年縛り的に購入できなかった(帰国まで2年切っていました)ため、帰国してからの iPhone ユーザーです。

わたしの初代 iPhone は 3GS でした。その当時は日本ではソフトバンクしか取り扱わなくて、かつPCがないといろいろできない時代でもあり、ユーザーもそんなに多くなかったように記憶しています。

いわゆるガラケーの人ばかりの時代に iPhone ユーザーは少数派でした。

いまや日本では大きなシェアを占める iPhone ですね。

それ以降2年毎にバッテリーが劣化し もたなくなることを理由に、きっちり新型 iPhone に買い替えてきました。

それが前回 iPhone X にして、2年経過後でもバッテリーがなんとかなったんですね。

機種そのものは個体差のせいかハズレ機種でした。

GPSの向きは全然違う方向を向いています。

マイクは音割れがひどく、相手が聞き取れないくらいひどい音声です。

交通事故で警察に電話したときに会話が通じなかったことを機に、ソフトバンクに持っていきましたが、「正常ですけど」的な対応で放置され・・・

実際仕事で話していても途中音割れして相手が聞こえにくいまま、もうすぐ4年が経とうとしています。

iPhone 12を買う計画を立てていたんです。3年経った頃でバッテリーが厳しくなり始めていました。

あんしん保証パックのバッテリー無料交換を狙うもギリギリ 80% 以下にならないんですね。(今はなっています)

かつコロナ禍でバッテリー交換のために即日交換してくれる店頭に出向くのもはばかられます。

ソフトバンクの あんしん保証パック with AppleCare Services に加入していましたが、月 1160 円。もうすぐ4年、48か月になろうとするので総支払額は ¥55680 !

妻も同じ契約なので、保険料だけで ¥111360!!

バッテリー交換もしてもらわなかったし、初期不良も直してもらえなかったし、ましてや破損などで保証を使うこともなかったです。

保険とはいえ、もうちょっと細やかな対応してくれればなぁ、と思います。

最近の大企業は巨人過ぎて、個人ユーザーの小さな声は聞かない、聞こえない、聞く窓口をわかりにくくする (AI チャット 自動音声などでまず対応し、窓口の「人」になかなか取り次げない)仕組みを素晴らしく構築して腹が立ちます。

5Gエリアがなかなか来なかった

話を戻すと、去年 iPhone 12を買おうと思っていたんですが、5G対応というのでエリアを見てみたら、まあ来ない来ない。

数ヶ月前まで、エリアマップを見ると なぜか自宅の半径200mくらいだけ 5G エリアが抜けているじゃないですか!!

周囲はピンクでいっぱいなのに、何故・・・

で今回 iPhone 13 の発表タイミングで 5G エリアに入っているのを見て (回線速度は4Gです、との注記がありましたが) 機種変更しようという気持ちになったのでした。

細かな仕様や値段などは解説記事、動画がたくさんあるのでそちらに任せるとして、私が予約したのは

iPhone 13 Pro 256 GB グラファイト

です。私の iPhone X は 256 GB なんですが、約半分の容量しか使ってないんです。512 GB は要らないと判断しました。

カメラ機能重視で Pro です。一眼カメラや高級コンパクトデジカメでさえ撮る機会が減りました。

常時携帯している iPhone の方が いつでも撮影できるので撮影機材として適しています。

またソフト的にHDRなどできれいに見せてくれる iPhone で撮影した写真の方が、一見キレイなんですよね。

一眼レフのフィルムカメラから、一眼デジカメに移行したのに、高級コンデジ使いになって、最後は iPhone です。

機材に凝って楽しみたいけど、実際はコンテンツって話なんですよね。

映画 CM YouTube などプロが工夫して iPhone で済ませられるのもすごい技術です。

文房具好きとしては万年筆を使いたいけど、実際は会社名の入った廉価ボールペンでも要は足すし、前の記事みたいに複写の紙の公文書だと、むしろボールペンでないと、という感じ。

例えが少し違うでしょうか・・・

で、iPhone 13です。レンズ3つ付き。しかしカメラメーカーだったら考えなかったでしょうね。

いい光学レンズを作る方向ではなく、3つのレンズと3つのセンサーを使って、それぞれがシームレスにソフト的につながって、ユーザーに意識させない。

IT企業最大手の発明、技術力なんでしょうね。

色は少し迷いました。黒と白を交互に買ってました。前回が白。なので今回はグラファイト。

ゴールドも迷いました。

このシエラブルーもきれいですよね。妻がこれと迷ってました。

そもそもSierra Blue ってなに? 調べましたが定義はないのかな?

水色 ですよね。

iPhone 13 128 GB ピンク

デジタル系が苦手な妻の iPhone は基本的に私と同時に買い替え、初期設定などを同時にします。

世代が異なるデジものを扱うのは面倒なのでそうしています。

前回 iPhone 12無印Pro を比べたときに、Pro は重い、と言っていたので、今回妻のは素の iPhone 13にしました。

初のピンクとのことです。きれいです。

赤 PRODUCT RED と迷ったらしいです。

ブルーもあります。若者向けにいい色。私には Pro の シエラブルー の方が好み。

iPhone の中身はだいたい同じで、カメラ性能や使用材質、採用色で好みがそれぞれ分散しそうですね。

私は手帳型のケースに最近は入れて使っているので、実際に自分の iPhone のカラーがなんだったか、今回購入予約することになって久しぶりにカバーを外して、白だったと気づいたくらいですが。

私が予約したのは午後9時50分くらいでした。アップルストアでは特に混乱もなく、スムーズにアクセスできました。

出荷日は2〜3週間後で 10/6〜13 に到着予定のようですね。

今 9/18 午前1時42分ですが、同じ機種が 10/21〜28になり、店頭での受け取りが不可に変わっています。

少しずつさばけているのでしょうか。

到着がたのしみです。

かてにん
Fingers crossed!

画像引用元:この記事内すべて apple.com から